【掲載方法】

かみ合わせ異常の原因の解説

ホーム>かみ合わせ異常の原因

スポンサード リンク

かみ合わせ異常の原因

かみ合わせが悪くなる原因

悪いかみ合わせの原因

次へ

戻る




  • <母>
    「どうしてかみ合わせが悪くなるのですか?」
  • <歯科医>
    「かみ合わせのバランスが悪くなる原因はさまざまです。」
    • 乳歯から永久歯に生え変わる成長過程で、歯のサイズと顎の成長とのバランスが悪いと歯並びやかみ合わせが悪くなります。
    • 指しゃぶりや頬杖などのくせで、顎の位置がずれ、かみ合わせが悪くなることがあります。
    • 片側ばかりでかむくせでバランスが崩れることがあります。
    • 歯ぎしりや食いしばりで、一部の歯が磨り減ったり歯が動かされることでバランスが悪くなることがあります。
    • 親知らずが生えることで、手前の歯が押されてずれることがあります。
    • 欠損した歯をそのままにしておくと、無い歯の方へ対合する歯が伸びてきたり、隣接する歯が倒れてきてかみ合わせのバランスが崩れることがあります。
    • 虫歯や治療の途中で長期間放置すると、かむバランスが悪くなり顎のズレが起きたり、歯が動きかみ合わせが変わってしますことがあります。
    • 歯周病になると歯が動きやすくなるため、少しずつかみ合わせに変化が起こります。歯周病の進行で歯がクラグラして安定が悪くなるとかめなくなります。
    • 歯がしみたり、違和感があるなどの症状により、その歯を無意識に避けるようなかみ方を続けることで、バランスを崩すことがあります。
    • その他にも色々な原因があります。
  • <母>
    「普段から自分で気をつけなければいけない原因が多いですね。」

スポンサード リンク

ホーム>かみ合わせ異常の原因

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional