【掲載方法】

どんな検査をするの?の解説

ホーム>どんな検査をするの?

スポンサード リンク

どんな検査をするの?

どんな検査をするの?

基本検査

1. 顔写真・口腔内写真
2. 歯の型取り
3. 顎の位置の確認 (咬合器付着)
4. レントゲン(4から5種類)

  • 歯や骨、顎全体
  • むし歯や歯周病の確認
  • 顔の骨格 正面・側面
  • 顎の関節

その他の検査

5.歯周病の検査(BANA test)
6.むし歯の検査(CRT test)
7.筋肉の痛み(Muscle palpation)
8.歯ぎしり検査(Brux checker)
9.顎の関節の検査(アキシオグラフ:Cadiax)

上にあげた8項目の検査をそれぞれの症状にあわせて行います。この検査は、矯正治療のためにだけするのではなく、むし歯や歯周病顎関節症の治療のためにも行います。 この検査を行うことで、ご自分の口の中のことをすみずみまでわかります。

1. 顔写真・口腔内写真

治療前の写真をとっておきます。美しい笑顔を作るために、“何が必要か”を調べます。

画像の説明

2. 歯の型取り

画像の説明

3. 顎の位置の確認 (咬合器付着)

画像の説明
咬合器付着を使って、顔の骨格の中で、歯がどこに位置しているかを調べます。

4. レントゲン

画像の説明
歯や骨、顎全体
画像の説明
顎の関節

画像の説明
すべての歯の状態


これらのレントゲンで、むし歯や歯周病、また歯や骨に問題があるかを調べます。
顎関節症のリスクがあるか、また顎の関節の骨の形や変形を調べます。

顔の骨格のレントゲン(セファログラム)とその分析
画像の説明
頭の骨の中でどこに歯がついているか、顎の曲がりがあるか、などを詳細に分析していきます。

5. 歯周病の検査(BANA test)

画像の説明
現在の歯周病の進行の程度を細菌の活動状態から調べます。

6. むし歯の検査(CRT test)

画像の説明

口の中の細菌の環境がどのような状態にあるのか、また、食生活習慣がどのようになっているかから、むし歯や歯周病にかかりやすい危険性がどれくらいあるのかを調べます。

7. 筋肉の痛み(Muscle palpation)

画像の説明

筋肉の緊張や左右差や痛みの程度を調べます。





8. 歯ぎしり検査(Brux checker)

画像の説明

歯ぎしりの程度を調べることにより、歯や顎の関節に対する咬み合わせの影響を調べます。





9. 顎の関節の検査(アキシオグラフ:Cadiax)

画像の説明

アキシオグラフは、オーストリア咬合学の権威であるスラビチェック教授が開発した、顎の動きやかみ合わせを検査するシステムです。今までの研究から口の中の病気の原因として、細菌とかみ合わせが非常に重要だということが分かっています。

このシステムを使うことで、原因のひとつであるかみ合わせを調べることができます。顎関節症や顎の痛み・体のしびれ・肩のこりなど、かみ合わせが問題で体のバランスが崩れてしまっている場合や、かみ合わせを大きく変える矯正治療インプラント治療などを行うときに行います。

このシステムは、非常に高度な技術が必要なため、一般の歯科医院では行うことができません。当クリニックでは、オーストリア咬合学の研究を進めている神奈川歯科大学で、訓練した歯科医師が行わせていただきます。

上記記事は、
川口リボンシティ歯科・矯正歯科

優良矯正歯科口コミ評判ランキング

埼玉県川口市並木元町1-65
リボンシティコミュニティー1階 (リボンシティ内アリオ川口前)
TEL:048-241-5566

からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.kr-do.com/


スポンサード リンク

ホーム>どんな検査をするの?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional