【掲載方法】

インビザラインの解説

ホーム>インビザライン

スポンサード リンク

インビザライン

インビザラインについて

インビザライン

インビザラインは、ブラケットやワイヤーを使用せず、取り外しのできるアライナー(マウスピースのようなもの)を使用する矯正歯科治療です。従来のブラケットを使った治療と違い、装置が薄くて透明なので目立ちません。
装置は約二週間ごとに歯の動きに合わせて新しく作成します。取り外しができますが、歯が移動するためには、睡眠中も含めて1日20時間以上の装着が必要となります。お食事の時と歯ブラシの時以外は装着します。
インビザラインでの治療に適した症例は、歯のガタガタが強くない方(歯の移動量が少ない方)や歯を抜かずに治療が可能な症例です。
症例によっては、調整の最終段階においてワイヤーの装着が必要な場合があります。

インビザライン2 インビザライン3 インビザライン4

インビザラインの特徴

インビザラインのメリット

  • 固い食べ物なども自由に食べられる
    インビザラインの場合、お食事中は装置をはずすので、固い食べ物、カレーライスなどの色の濃い食べ物、ガムやキャラメルなどの粘着性の食べ物も食べることができます 。
  • 衛生的
    患者さん自身で取り外しができる装置なので、歯磨きを普段と同じようにすることができます。また、ワイヤー矯正のように食べ物が装置に挟まることもありません。
  • 発音のしづらさがない
    インビザラインの装置は薄いので、装着時の不快感や発音のしづらさはありません。また、装置装着による口元の突出感もほとんどありません。

インビザラインのデメリット

  • ワイヤーの矯正歯科治療に比べ、非適応症がある
    抜歯が必要な症例や、歯のガタガタが大きい症例には適していません。
  • 通院回数がワイヤー矯正に比べて多い
    インビザラインは、歯の移動具合に合わせて次々と新しいアライナー(マウスピースのようなもの)に変えていく治療方法です。ワイヤー矯正の場合、およそ4週間に1回の通院頻度ですが、インビザラインの場合はおよそ2週間に1回の調整が来院が必要です。

インビザラインの臨床実績

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した矯正装置です。これまでに全世界で45万人がインビザラインで歯の矯正を行っています。(2006年10月現在)
矯正の先進国アメリカやカナダでは、70%以上の矯正歯科医がインビザラインを採用しています。国内でもインビザラインを取り入れた矯正歯科医院が増えています。接客業や芸能関係の方、キャビンアテンダントの方など、装置が見えることや発音しづらさをきにされる方に好評の治療方法です。

参考ページ:インビザライン・ジャパン ホームページ

上記記事は、
青山外苑矯正歯科

矯正歯科口コミ評判ランキング

東京都港区南青山2-26-37 NXB青山8F 
TEL:03-3404-0418
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama-kyosei.jp/


スポンサード リンク

ホーム>インビザライン

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional