【掲載方法】

セラミックで部分矯正の解説

ホーム>セラミックで部分矯正

スポンサード リンク

セラミックで部分矯正

セラミックで部分矯正

クイック矯正

次へ

戻る




  • <歯科医>
    「セラミックなどの人工歯での矯正では、かみ合わせや歯並びのスペースに問題がなければ、歯を大きくしたい、歯を小さくしたい、歯の形を変えたいなどの要望も受けることができ、また、歯を白くしたいという希望も叶えることができます。」
    「しかし、クイック矯正は、顎の位置や顎に生えている歯根の位置を動かすことはできず、歯を削って人工歯の被せ物で歯茎より上の部分のみの歯の方向や形を変えるため、出っ歯や反対咬合などの矯正では、事前に神経の治療が必要となることがあります。」
    「また、歯の位置やかみ合わせの状態によっては、矯正に限界があり、大幅に角度を変える必要がる場合やかみ合わせの状態によっては適応できない症例もあります。」

スポンサード リンク

ホーム>セラミックで部分矯正

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional