【掲載方法】

クイック矯正の治療方法の解説

ホーム>クイック矯正の治療方法

スポンサード リンク

クイック矯正の治療方法

クイック矯正・セラミック矯正の治療方法

クイック矯正の治療法

次へ

戻る




  • <歯科医>
    「歯の方向を変える歯並び矯正治療のクイック矯正(スピード矯正)の治療の流れをご説明します。
    (図1)歯には神経が通っています。 (図2)この歯根に通っている神経がある場合は、必要に応じてて神経の治療を最初にします。神経の治療が終了後、(図3)その歯根に、並べたい方向に向きを変えた土台を装着します。 (図4)そして、その土台の上に人工歯を被せます。」
    「クイック矯正(スピード矯正)の治療は、通常の歯の被せ物をする治療と同じで、歯を削って歯の型をとり模型を作り、その模型で人工歯を製作して、できあがった人工歯を装着します。歯を削った後人工歯ができるまでは、通常仮歯を装着しておきます。」
    「角度を大きく変更すると強度が劣り、噛むことができなくなります。また、かみ合わせの位置や隣接歯によっては方向を変えられない場合もあります。そのため矯正できる内容は限られます。」

スポンサード リンク

ホーム>クイック矯正の治療方法

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional