【掲載方法】

セメント質の解説

ホーム>セメント質

スポンサード リンク

セメント質

セメント質

歯を構成する硬組織の一つ。歯根周囲の象牙質を覆う組織。セメント質(セメントしつ、Cementum、白亜質)とは、歯根部象牙質外表を覆う硬組織で、非血管性の結合組織である。
歯は歯根膜を介し、顎骨に固定されることによって咬合圧に対応している。また、組織学的にはエナメル質、象牙質、歯髄、セメント質よりなり、歯を支持する組織、つまり歯周組織として歯肉、歯根膜セメント質歯槽骨がある。

構成成分
約60%が無機質、25%が有機物、15%が水からできている。
無機質はヒドロキシアパタイトを主成分とする。 有機質の大部分はコラーゲンであり、I型コラーゲンを中心とする。この他、プロテオグリカンや糖タンパク質が含まれている。


スポンサード リンク

ホーム>セメント質

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional