【掲載方法】

セラミックインレー法の解説

ホーム>セラミックインレー法

スポンサード リンク

セラミックインレー法

差し歯による歯ぐきの黒ずみ、金属アレルギー、金属の虫歯の跡を白くする

金属アレルギーの方は、歯の治療に金属を使わないことです。
金属アレルギーはかゆみや湿疹、かぶれ、化膿ばかりでなく、歯や歯ぐきの黒ずみの原因にもなり ます。歯の場合、その金属を取り替えないかぎり、いくら病院で治療しても治りません。ですから金属アレルギーのある人は、最初の治療でどんな材質を使うか が大切になってきます。

セラミックなら、金属アレルギーが起きないばかりでなく、歯ぐきの黒ずみも起きることはありません

画像の説明

画像の説明

歯列矯正歯並びを整えた後も、ご要望に応じより美しい口元を実現するために歯のホワイトニングポーセレンセラミック)による理想的な歯の形を創るなどの「審美歯科」治療も行っております。お気軽にご相談下さい。

セラミック・インレー法(別名:ポーセレン・インレー法) ※保証期間あり

ポーセレン・インレー法とは、ムシ歯を削ってセラミック(ポーセレン)を詰める方法です。

金属と違って歯の色を天然歯にあわせることができますので、自然な歯に修復することができます。
最近、治療済みの部分的な銀歯をポーセレン・インレーにかえる患者さんがとても増えています。
セラミックポーセレン)で作られたインレーやアンレーは、天然歯の色調をそのままに再現します。

画像の説明

上記記事は、
青山審美会歯科矯正クリニック
東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1
TEL:03-3409-3849
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>セラミックインレー法

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional