【掲載方法】

テトラサイクリンの解説

ホーム>テトラサイクリン

スポンサード リンク

テトラサイクリン

テトラサイクリン系の歯の変色

テトラサイクリンとは、テトラサイクリン系抗生物質の総称で、 歯の形成期(0~12歳)頃に服用すると歯の象牙質や骨に色素沈着します。 
テトラサイクリン系抗生物質は歯に対する副作用が明確になった最近では、使用が控えられています。
しかし、幼少期に服用した現在の20代後半~40代まで人に、歯に薄い黄色の縞模様が認められることがあります。
テトラサイクリン変色歯を白くする方法は着色の程度によって選択します。

歯の変色を参照。


スポンサード リンク

ホーム>テトラサイクリン

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional