【掲載方法】

下顎前突(受け口)とはの解説

ホーム>下顎前突(受け口)とは

スポンサード リンク

下顎前突(受け口)とは

下顎前突・受け口・切端咬合の症例写真

下顎前突・受け口・切端咬合について

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合みあわせをいいます。また下の前歯と上の前歯が先端でぶつかっている噛み合わせもこの分類に入ります。

下顎前突・受け口・切端咬合を放置しておくことの病状

  • 奥歯のう蝕(虫歯)が多い。受け口の方は奥歯が舌の方に傾斜していることが多く、歯ブラシが届きにくいのです。また奥歯に唾液がまわりにくいのです。
  • 顎の関節が痛みやすい。前歯が反対になっているため噛み合わせが安定せず、重篤な関節症状が出やすいのです。
  • 顔立ちが受け口の顔になる。来院する患者様のほとんどが不機嫌そうにみられるという悩みをもっていらっしゃいます。
  • 歯肉(歯ぐき)のラインが下がりやすい。受け口の方の下の歯肉はもともと薄いという特徴があります。少しの炎症でも影響を強く受けます。

下顎前突・受け口・切端咬合の歯の症例写真

下顎前突(受け口)とは 矢印 下顎前突(受け口)とは2

下顎前突(受け口)とは3 矢印 下顎前突(受け口)とは4

下顎前突(受け口)とは5 矢印 下顎前突(受け口)とは6





上記記事は、
青山外苑矯正歯科

矯正歯科口コミ評判ランキング

東京都港区南青山2-26-37 NXB青山8F 
TEL:03-3404-0418
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama-kyosei.jp/


スポンサード リンク

ホーム>下顎前突(受け口)とは

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional