【掲載方法】

付け八重歯の問題の解説

ホーム>付け八重歯の問題

スポンサード リンク

付け八重歯の問題

付け八重歯の問題

芸能人で歯並びが悪い人はあまり見かけないと思います。
やはり人に見られるお仕事をされていると、健康的で美しくありたいと考えきちんと対策を施されているのでしょう。
こういった「見た目をきちんと意識する」という部分はイメージアップにもぜひ見習うべきだと感じます。
今、「付け八重歯」が10代の少女の間で流行っているそうです。
わざわざ歯並びを悪く見せる行為ですが、問題はないのでしょうか。

審美的な問題

まず挙げられるのがこちらです。機能的調和を求める審美には逆効果です。
先進国の中で日本人は歯並びに対する美意識が低いとされています。
美しさというのは左右対称が条件だとご存知の方は多いです。
左右対称に八重歯を付けてしまうと、まるで吸血鬼のようです。

口腔衛生面での問題

歯列が良くない人に多いのが磨き残しです。
でこぼこした歯では、ブラッシングが上手く当たりません。
プラークが歯と歯の間、歯周ポケットに溜まって、歯周病を引き起こしかねません。
虫歯菌であるミュータンス菌の増加に影響しますので、口臭が気になるという問題もあります。

咬合不全のリスクファクター

犬歯は永久歯の中で最も根が長い歯です。
噛み切るときに必要な横に対する力を負担する役割があります。
付け八重歯は、噛むという行為そのものに一切役に立つことがなく、むしろ犬歯で負担すべき力がそのほかの歯、とくに奥歯で負担することになってしまうので、噛みあわせの負荷に耐えられなくなった奥歯が、ぐらつき始めるというケースがあります。


この八重歯ですが、欧米では吸血鬼の牙と呼ばれていて、マウスピースを使って治すそうです。
また、 歯並びが悪いと満足のいく医療を受けられない国だと考える傾向にあるようです。
隣国の中国ではとても縁起の悪い不吉の象徴とされ、虎の牙と呼んでいます。
そして歯の専門家である、歯科医師の大半の方が、付け八重歯に疑問を感じているようです。
日本でも国際文化の影響から、最初から八重歯の若い女性を中心に、矯正をする方が増えてきています。
健康的で白く美しい歯をもつ人はとても魅力的です。
当サイトは全国の矯正歯科を検索できます。矯正歯科をお探しでしたらぜひご利用ください。


スポンサード リンク

ホーム>付け八重歯の問題

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional