【掲載方法】

医療費控除の対象になるの解説

ホーム>医療費控除の対象になる

スポンサード リンク

医療費控除の対象になる

医療費控除の対象になる

医療費控除の対象に、歯列矯正が入ることをご存知でしたでしょうか。
医療費控除とは、一年間に自分自身または家族のために支払った10万円を超える医療費に適用されます。
所得金額から一定の金額を差し引くもので、所得税は控除を受けた金額に応じて軽減される仕組みです。
これにより、確定申告をすれば税金が戻ってきます。
子供はもちろん、大人の矯正でも噛みあわせの向上が目的とされる治療は承認される場合があります。
確定申告の際、日本矯正歯科学会の認定医の診断書があれば、必ず認められます。

医療費控除の対象になる矯正

発育途中の子供に対し、成長の妨げにならないよう行う不正咬合の矯正・歯列です。
また通院費も医療費控除の対象になりますので、幼い子供が通院する場合には親の交通費も通院費に含むことが可能です。
この交通費とは、自家用車などの燃料費ではなく、交通機関を指します。
領収書がもらえない場合は、医療費を支払った日にノートやメモで、残しておきましょう。

大人の歯列矯正では、審美目的ではなく、噛みあわせ・咀嚼障害の改善を目的とした場合、認められます。
また、歯科ローンで支払う治療費も適用されますが、金利や手数料は対象になりませんので注意が必要です。

必要なもの

医療費の支払いを証明する書類が必要です。
確定申告書に医療機関で支払った領収書を貼ります。
交通費の領収書または支払った費用を記入したノート、給与所得者の源泉徴収票も必要です。
歯列矯正は高額な治療費を負担しなくてはなりません。 期間が延びるとなおさらです。
ですからこのような医療費控除を活用して、少しでも負担を軽減させることで、長い治療を乗り越えられるのではないでしょうか。
また、5年間有効なので、これまで忘れていた方はぜひ申請してください。


当サイトは歯列矯正ができる全国の歯科医院を検索できるサイトです。
矯正をご検討中でしたら、ぜひ参考にしてください。
ほかにも自費診療についての疑問などにもお答えしているページを掲載していますのでぜひご覧ください。


スポンサード リンク

ホーム>医療費控除の対象になる

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional