【掲載方法】

受け口の解説

ホーム>受け口

スポンサード リンク

受け口

切端咬合、反対咬合、受け口 しゃくれ の症例(歯列矯正

反対咬合・受け口・切端咬合の特徴と原因は?

画像の説明

前歯は、普通は上が外側、下が内側になって咬み合わせるようになっています。 これが反対になっていて、下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを、受け口(反対咬合)といいます。
受け口(反対咬合)には、下顎の過度な成長や上顎の成長不十分による骨格性のものと、上の歯が後方に傾斜したり下の前歯が前方に突出している歯性のものがあります。

食べ物をよく咬むことができなかったり、 下顎がしゃくれた感じになってしまい、下顎ばかり目立ってしまう、 発音が不明瞭で聞き取りにくい等の悩みを持つ患者様が多いです。

治療方法は?

歯列矯正での治療がおすすめです。
歯列矯正は歯に直接装置を取り付け、ゆっくりと歯を移動させて歯並び噛み合わせを整えていきます。期間が長いことと装置に慣れるまで少し時間を要しますが、歯を削らずに治療できるのが大きな特徴です。

歯列矯正は、顎の骨に異常がない限り、年齢に関係なく治療が可能で、むしろ歯に対する意識の高まりとともに20才以上の成人矯正が盛んに行われています。

ケース1 受け口+乱杭歯

受け口乱杭歯でお悩みの患者様を治療いたしました。歯列矯正で少しずつ歯を動かして、きれいな歯並びの位置に移動させました。

画像の説明

ケース2 切端咬合

前歯の上の歯と下の歯の先端同士がかみ合っている状態になっている、切端咬合の患者様の治療例です。歯列矯正で下顎を後ろに、自然な形に治療しました。

画像の説明

ケース3 切端咬合+乱杭歯

切端咬合と乱杭歯の治療例です。基本的に、受け口歯列矯正で治療可能です。

画像の説明

ケース4 切端咬合+乱杭歯

乱杭歯と切端咬合の患者様の治療例です。不揃いの歯並びも、歯列矯正できれいに整えることができます。

画像の説明

ケース5 切端咬合

こちらも切端咬合の治療例です。

画像の説明

審美歯科Q&A 受け口・反対咬合の質問

歯並びが全体的に悪いので悩んでいます。

画像の説明

今18歳で元々歯並びは綺麗だったのですが 16歳~17歳にかけて急に悪くなりました。
矯正する場合費用は どれくらいになりますか? また費用によっては 矯正する時期が金銭上の都合で20歳前後になってしまうんですが それでも矯正すれば歯並びは綺麗になりますか?



画像を拝見しますところ、上下の前歯に叢生(乱杭歯)および若干の受け口傾向にあるのが確認できます。
このケースで適正な治療法は、上下の歯列矯正ワイヤー矯正)となります。
歯列矯正をはじめる時期については、基本的に早い方が有利と言われており、虫歯や歯周病に罹患する前に行うのが理想的です。 治療期間は2~2.5年で、費用は総額で80~90万円となります。
また、矯正治療は期間が長くかかりますので、治療費のお支払いにつきましても少しずつ分割が可能となっております。


上顎の歯並びと受け口を治したい

画像の説明

私は乱杭歯です。そのせいで受け口?になっています…。
矯正のいろんな治療例とか見てみたけど
私みたいにひどい歯並びの場合、だいたい歯を抜いてます。
でも、私は出来れば抜きたくないんですが、それでは治りませんか?
無理だったら少しでも抜く歯を減らしたいんですが…
私は、普通の唇側矯正希望です。
費用はだいたいどのくらいですか?



画像を拝見する限りでは、前歯の叢生(乱杭歯)を伴う反対咬合(受け口)が確認できます。
このケースでは歯列矯正(上下のワイヤー矯正)が理想的な治療法と言えます。
また、顎と歯のサイズのズレが大きいため、上下左右の4本の抜歯は避けられないでしょう。
治療期間は2~2.5年で費用は80~100万円が相場となります。


上顎の歯並びと受け口を治したい

画像の説明

上の歯並びが悪いのと、受け口に悩んでます。
これを治すには費用いくらぐらいかかりますでしょうか?





画像を拝見いたしました。 まず、上下の噛み合わせが反対に噛んでいる状態で、 さらに右上の前歯1本が欠損しており中心のズレが確認できます。
このケースで理想的な治療法は上下の歯列矯正となります。 期間は2~2.5年、費用は80万円~となります。


矯正でEラインを改善することは出来ますか?

横顔の美、Eラインの為に歯列矯正した方いますか?
私は出っ歯受け口ではないのですが、普通は4本あるはずの下の前歯が、 先天的に3本しか生えてこなくて下顎が小さく、過蓋咬合の為Eラインが自分の理想通りではありません。 矯正でEラインを改善することは出来ますか?
ちなみに歯並びは上前歯2本以外は綺麗に並んでます。

・下顎前歯が1本少ない ・下顎骨劣成長・過蓋咬合
以上の症状から歯列矯正を行う必要性があると思われます。
上顎2本を抜歯してアーチを小さくしながらスペースを閉じ、さらに深い噛み合わせを上下の前歯を圧下して正常な位置に導き、側貌のE-ラインも含めて治療 していくと推測されますが、歯列矯正により、理想的なところまでEラインが改善されるかどうかはわかりません。下顎の劣成長を伴うケースですので、若干の ズレがでることが予測されます。 その場合には最終的に下顎オトガイの軟組織の形成術を併用することでカバーすることが可能です。


受け口の手術について

受け口の手術をしたら、「整形した」に入りますか?

受け口の手術を口腔外科で行うと、外科矯正という分類になり、主に咬合機能を改善する目的のため治療にあたりますので、整形にはあてはまりません。 しかし、美容外科で行う場合には顎切術といって、見た目を優先し、美容目的が強くなりますので整形に値すると考えます。

上記記事は、
ウメダデンタルクリニック

優良矯正歯科口コミ評判ランキング

大阪市北区小松原町3-3 OSビル10F  
TEL:06-6364-4698
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.umeda.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>受け口

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional