【掲載方法】

唇側矯正の解説

ホーム>唇側矯正

スポンサード リンク

唇側矯正

唇側矯正(ラビアル)

古くからある一般的な矯正方法です。
歯の表側に使用し、ブラケットにはメタル・セラミック・プラスチックなどさまざまですが、当院では基本的にセラミック(透明なもの)を使っています。

唇側矯正の装置として、「クリアティSL」と「ジルコニアブラケット」を使用しております。

画像の説明


クリアティSL

クリアティSLは、新しいセルフライゲーティング"審美"ブラケットです。
セルフライゲーティングブラケットとは、ブラケットとワイヤーの固定にスライド・クリップのシャッター構造を採用した装置のことで、従来の結紮(けっさつ)線などを使用する場合と比べ、摩擦抵抗が少ない、弱い持続的な力で歯の移動が可能、治療期間の短縮などのメリットが あります。
しかし、従来のものは目立ちやすい金属製のタイプでした。
クリアティSLは、半透明のセラミック製なので、金属のように目立ちにくく、口元になじむ"審美性"を兼ね備えたセルフライゲーティングブラケットです。

画像の説明

クリアティSLの特徴

  • 汚れにくい・・・プラークが付着しにくい
  • 痛みが少ない・・・弱い持続的な力で歯の移動が可能
  • ワイヤー交換時の診療時間短縮
  • 歯の移動が早いため、治療期間の短縮

ジルコニアブラケット

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドとしても有名で、スペースシャトルの外壁や医科では人工関節に使用されるなど生体親和性が高く、丈夫で美しく体に優しいセラミックです。

画像の説明

ジルコニアブラケットの特徴

  • 滑らかな表面
    組成が密であることから、ジルコニアの表面は滑沢で清掃性に優れています。そのため汚れや細菌が付着しにくく、プラスティックやセラミックに見られる使用中の着色もほとんどありません。
    また、金属と同等の強度を持ちコンパクトな構造なので、目立たず当たりが滑らかなことから装着の違和感を少なくすることが出来ます。
  • ライトフォース
    ジルコニアの滑りの良さと特徴的な構造が、ワイヤーとの摩擦抵抗を少なくさせ、通常より弱い力で矯正を行うことが可能です。 そのため、初期遊動の患者様の傷みを軽減出来たり、より早く治療を進めることが出来ます。
  • その他
    ・患者様ごとに1ケース単位でご用意、衛生的です。
    ・強度や耐熱性が高く壊れにくいので、ブラッシングも安心です。
    ・天然歯に近い色で、審美性に優れています

上記記事は、
赤羽矯正歯科
東京都北区赤羽2-49-7 山陽ビル3F
TEL:03-3903-0053
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.akabane-kyosei.com/





スポンサード リンク

ホーム>唇側矯正

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional