【掲載方法】

大臼歯の解説

ホーム>大臼歯

スポンサード リンク

大臼歯

大臼歯

大臼歯(だいきゅうし、Molar)とは、ほとんどの哺乳類において歯列の一番後方(小臼歯の遠心側)にある歯で、通常、食物を噛み潰し、挽く用途で使われるので、「臼」の歯という意味で大臼歯と名づけられた。
人間では、通常三対(十二本)の大臼歯を持つが、一番後ろの第三大臼歯(親知らず、智歯)は、現代人では最初から存在しない人も多く、存在しても、現代人の顎では、萌出(ほうしゅつ、生え出す)するスペースがないために、水平埋伏になるなど、正常な萌出を行わないことも珍しくない。この場合、放置すると智歯周囲炎が発生したり、第二大臼歯にまで悪影響が出るため、抜歯等を行う。また、第二大臼歯すら存在しない人も増えている。

また、逆に過剰歯として、第四大臼歯が第三大臼歯の後方に萌出する事もまれにある。


スポンサード リンク

ホーム>大臼歯

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional