【掲載方法】

妊娠性歯周炎の解説

ホーム>妊娠性歯周炎

スポンサード リンク

妊娠性歯周炎

妊娠性歯周炎

妊娠中にはエストロゲンやプロゲステロンといった、女性ホルモンの分泌が活発になります。これらのホルモンは歯周病菌が繁殖しやすい状態をつくりだし、血管や免疫にも変化を与えます。そのためごく少量のプラーク(歯垢)や歯石でも、歯ぐきの腫れや炎症が起こりやすい状態です。それによって起こる妊婦の歯周病を、「妊娠性歯周炎」と呼びます。


スポンサード リンク

ホーム>妊娠性歯周炎

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional