【掲載方法】

子供の歯科矯正の解説

ホーム>子供の歯科矯正

スポンサード リンク

子供の歯科矯正

子供の歯科矯正

成人の歯科矯正には目立たない・見えない装置や、部分的な装置が多く取り入れられています。
それでは子供の矯正装置には一体どのようなものがあるのでしょうか。

庄矯正(しょうきょうせい)

通常行われる歯列矯正とは違い、発育途中の子供の顎を正しく発育させるためにあります。
歯を抜いたりワイヤーを使って無理矢理整列させるのではなく、顎の発育を促し自然に綺麗な歯列に整える矯正方法です。
子供の矯正には歯列の改善のほかに、顎の発育を整える目的もあります。

ダイレクトボンディング

歯科用レジンを直接歯に足し、歯の形状を回復させる方法。
歯が欠けている、隙間が多い場合に使われます。
歯を削りませんので、あまり怖がらずに治療を受けてくれるでしょう。
見た目はもちろんですが、噛みあわせが悪いまま放っておくと、アレルギー、頭痛、呼吸機能の低下によるぜんそく、鼻炎・鼻づまりという症状が出てきます。

・子供たちに増えている歯の問題
1.叢生(そうせい)が増えている
叢生とは、歯が重なって生える並びをいいます。噛む筋肉の退化現象によるものといわれています。
側頭筋など噛む筋肉が退化現象とともに形を変え、顎が細く頭の大きな頭蓋骨になる傾向があります。
2.先天欠損歯(せんてんけっそんし)
生まれつき歯の数が足りていないことです。乳歯が欠損している場合、その後に生えてくる永久歯も欠損している場合は多くなります。
とはいえ噛みあわせや歯列に大きな問題がなければ、経過を見ながら治療を進めるかそうでないか判断することもあります。
治療が必要な場合はブリッジや部分入れ歯で補います。
子供の歯科矯正が重要視されているのは、きちんと治療を施せば消化機能、聴力、視力そして心肺機能と脳活動に良い影響を与えるからなのです。
大人と同様に全身疾患と深い関係にある噛みあわせを改善することで、肩こりや偏頭痛を予防できます。


当サイトではエリア別、費用別で全国の矯正歯科を検索することができます。
お子さんの歯列矯正をお考えでしたらぜひご利用ください。


スポンサード リンク

ホーム>子供の歯科矯正

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional