【掲載方法】

正中離開の解説

ホーム>正中離開

スポンサード リンク

正中離開

審美歯科の治療例 すきっ歯・隙間・離開・空隙

すきっ歯(空隙歯列)は、セラミックの差し歯や、ポーセレン・ラミネートベニア法等で短期の審美治療が可能です。

すきっ歯は、歯と歯の間に隙間が開いている状態をいいます。 専門用語=空隙歯列(クウゲキシレツ)や、正中離開と言います。前歯に隙間があると、顔が貧相に見えるだけでなく、食べたカスがはさまって歯垢がつきやすくなります。
特に息が常に抜けるような状態は、聞きとりにくい不明瞭な発音になります。
虫歯や歯周病の原因にもなりますから、なるべく早く治すほうがよいでしょう。

セラミック差し歯では、短期間で歯並びを美しくすることが可能です。

画像の説明

すきっ歯など、歯の隙間を治す矯正治療の方法

すきっ歯の治療には、主に下記の3通りがあります。

(1) 差し歯(オールセラミックスクラウン法+ポスト・コア) ≫ 

(2))ポーセレン・ラミネートベニア法 ≫

(3) 舌側矯正(裏側からの歯列矯正) ≫ (歯を削ることなく、すきっ歯を治療できます。 部分矯正も可能です)

出っ歯とか外に反っているということがないのならポーセレンラミネートベニア法、 出っ歯や反っ歯でしかも歯の隙間があるなら、歯の方向を直せる差し歯オールセラミックスクラウン)や部分矯正やプレート矯正をおすすめします。
原則として、歯の隙間が1ミリ以内であれば、ポーセレンラミネートベニア法が適用可能です。
1ミリ以上の場合は、差し歯オールセラミッククラウン法)をおすすめ致します。

画像の説明

画像の説明

すきっ歯をラミネートべニア法・セラミッククラウン法で治した治療例

ポーセレンラミネートベニア法・差し歯オールセラミックスクラウン)なら、短期間で隙間を埋めることができます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

上記記事は、
青山審美会歯科矯正クリニック
東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1
TEL:03-3409-3849
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>正中離開

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional