【掲載方法】

歯並びの種類についての解説

ホーム>歯並びの種類について

スポンサード リンク

歯並びの種類について

歯並びの種類について

正常咬合(こうごう)

  • すべての歯がデコボコすることなくきれいなU字型に並んでいるかみ合わせ
  • 上の歯が下の歯にややかぶるように上の歯のアーチが下の歯より大きく上下の歯が均等に噛み合っているかみあわせ

開咬(かいこう)

  • 奥の歯はかみ合っているのに前の歯が開いているかみ合わせ
  • 遺伝や成長期の指しゃぶりなどによる顎の骨の形態異常により起こることがある

過蓋咬合(かがいこうごう)

  • 奧歯がかみ合った時に上の歯の前歯が下の歯を隠してしまうような深いかみ合わせ
  • 気道の容積が狭くなり呼吸器系の疾患になりやすい

歯並びについてのよくある質問集

わからないことがあれば、ご参考になさってください。

  • 年齢を重ねるたびに歯並びが悪くなった気がします。何故でしょうか?
    歯並びかみ合わせや舌、頬の筋肉のバランスの非常に影響を受けます。年齢の変化により、こういったバランスが変化することで除々に歯並びが変わってくることがあります。
  • いつも口を開けていますが歯並びに影響しますか?
    口が常に開いているという状態は口輪筋の力が弱いと考えられます。その為、前歯が舌の力等におされて前方に出たりする可能性があります。矯正治療により正しい歯列の位置に歯を配列し、それに加え口唇の力を訓練するリップトレーニングを治療で行う事により改善されるでしょう。
     又、いつも口を開けていらっしゃる方は鼻の通りが悪い場合があります。鼻呼吸が上手く出来ずに口呼吸になっている事も考えられますので一度耳鼻科もあわせて来院されるとよいと思います。
  • 親知らずが生えてくると歯並びが変化すると聞きましたがどうでしょうか?
    一般的に親知らずが生える程の顎のスペースをもっている患者様は少なく、ななめに手前の歯にひっかっかっていることが多いです。この状態を放置する事で手前の歯に影響をおよぼしたり虫歯や歯茎の炎症の原因になる為このような場合には抜歯するのが望ましいかもしれません。
  • 写真を撮ると顔が曲がって写ります。歯並びが悪いために顔が歪んで見えることはありますか?
    元々、完全に顔が左右対称な方はいらっしゃらないとは思いますが、歯並びかみ合わせにより、顔が歪んでみえることはあると思います。これは、矯正治療により改善できるケースも多いですが、骨自体の厚みや長さが違ってしまっているケースでは、外科処置を併用しないと改善できない場合もあります。
  • 指しゃぶりをさせてると歯並びが悪くなるって本当?何歳までにやめさせたほうがいいですか?
    一般的には3歳をすぎて指しゃぶりをしていると出っ歯になったり開咬といって奥歯でかんでも前歯であたらないような不正咬合をつくる原因となってしまいます。この年齢では何か有効な治療法はないのですが3歳をすぎてもやめない場合には、一度矯正専門医に御相談されることをお勧め致します。
    上記記事は、
    じゅん矯正歯科クリニック
    矯正歯科口コミ評判ランキング
    東京都葛飾区東金町1-15-9-1F
    TEL:03-5699-6669
    からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
    http://www.jun-kyousei.com/

スポンサード リンク

ホーム>歯並びの種類について

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional