【掲載方法】

矯正歯科の装置などについての解説

ホーム>矯正歯科の装置などについて

スポンサード リンク

矯正歯科の装置などについて

矯正歯科の装置などについて

*矯正治療には、どのような装置がありますか?

ほとんどの場合は固定式の装置が使用されます。透明で目立たない装置や裏側につける表から見えない装置の使用により、見た目を気にすることなく治療を進めることも可能です。

<透明で目立たない装置:クリアブラケット
当院の装置は、人工のサファイヤ製の透明で目立たない装置です。治療の最初から最後までその透明感は変わりません。ワイヤーもゴールドのものを使用することにより、より目立たなくなっています。(通常のものは、シルバーのワイヤーですが、この場合お口の中では、黒く見えてしまいます。それに比べ、ゴールドのものは目立つように思われるかもしれませんが、お口の中では光を発散し目立ちません。)

<裏側につける表から見えない装置:リンガルブラケット
  見えない矯正治療 >>
歯の裏側につけますので表からは見えません。最初のうち発音の面で慣れないことがあるなど見えない代わりのデメリットもあります。治療にかかる期間は表側につける装置の場合と変わりません。

デーモンブラケット
  [[治療期間を短縮する方法 >>>治療期間を短くする方法 ]]
表側で一部金属の装置にはなりますが、治療期間の短縮や非抜歯治療の可能性の拡大が行えるため、メリットも多い装置です。

<取り外しのできるクリアプレート>
  ワイヤーを使用しない方法 >>
マウスピースタイプの取り外しのできる装置です。
取り外しができるメリットがある反面、適応できる症例には限りがあります。

装置が外れてしまう事はありますか?

矯正装置矯正治療が終了すると外してしまう装置ですので接着力は強固ではありません。その為あまり硬い物を前歯で咬んだり引き千切る様に食べると装置が外れてしまう事があります。外れた場合は速やかに御連絡下さい。再度、装着致しますので御心配はいりません。

カラーの装置はありますか?

現在カラーの装置はございません。(表側では銀色のもの、透明なもの、ゴールドのものがあります。)
矯正装置そのものではなくて、装置とワイヤーとを結ぶものに、カラフルなゴムがありますので、興味のある方は御相談下さい。

装置によってどんな発音がしづらいですか?ちゃんとお話することができますか?

裏側の装置や取り外しのできるプレートタイプの装置では慣れるまで少し舌たらずな感じになり、サ行、タ行に特に影響が出ることが多いです。しかしどちらの装置も慣れてくれば通常に会話は出来ますし、又、最初の段階でも何を言っているのかわからないといった程、ひどくなることはまずありません。表側の装置の場合にはほとんど影響はでないと思います。

リテーナーだけ作ってほしいのですが、可能ですか?

ご転勤等されその後、リテーナーをされている患者様が、リテーナー破損、紛失された場合、担当医のご指示があれば可能です。

表側の装置より裏側の装置のほうが治療期間がかかりますか?

表側の装置も裏側の装置も治療期間は同じです。裏側の装置の方が長くかかるということはありません。

表側の装置と裏側の装置、試しにつけてみてから決めることはできますか?

現在は出来ません。
そういったご要望もありますので何か良い方法はないか検討中です。

取り外しの出来る装置で治療が出来ると聞いたのですが?

取り外しの出来る装置で治療できるケースもあります。あまり大きな移動や、歯を抜くようなケースには向かないのですが可能です。メリット、デメリット、また可能かどうかもありますので、まずはご相談ください。
ワイヤーを使用しない方法 >>

前のページに戻る




上記記事は、
KAZ矯正歯科
東京都千代田区神田神保町2-9 神田神保町メディカルモール 2F
TEL:0120-418-704
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.kyousei-shika.org/


スポンサード リンク

ホーム>矯正歯科の装置などについて

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional