【掲載方法】

固定式矯正歯科装置の解説

ホーム>固定式矯正歯科装置

スポンサード リンク

固定式矯正歯科装置

固定式ワイヤー矯正・針金矯正装置

針金矯正装置

次へ

戻る




  • <歯科医>
    「固定式の歯列矯正装置です。これらのタイプは自分では取り外すことができないため、矯正歯科専門医院に定期的に通院して調節してもらいます。」
    「一般的に多くおこなわれる歯列矯正の方法は、歯の表面にブラケットという装置を装着し、そこにワイヤー(針金)を固定する方法で歯並びを治します。」
    「リンガルアーチやパラタルアーチは、左右の奥歯に固定したワイヤー(針金)を歯の裏側に通し、歯を外側に広げたり、反対咬合を治すときなどに使用します。」
    「クワッドヘリックスは、顎の小さい人に、歯が並ぶスペースを作るため、顎を拡大をする装置です。」

スポンサード リンク

ホーム>固定式矯正歯科装置

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional