【掲載方法】

透明な矯正についての解説

ホーム>透明な矯正について

スポンサード リンク

透明な矯正について

あなたならどちらの矯正で歯並びをきれいにしたいですか?

画像の説明
画像の説明
矯正装置


透明矯正システムとは?

歯や口元の美しさに関心が寄せられる中、歯並びを整えたいと望む方の数は、年々増加しています。
そこでよく聞かれるのが、歯の矯正はしたいけど、目立つ矯正装置をつけるのは嫌というご意見です。
当医院では、そのようなご要望にお応えする為に、目立たない、透明な装置による矯正を行っております。
金属を用いないポリカーボネート樹脂による矯正のため、金属アレルギーの方にも、安心して受けていただくことができます。

リテーナー(保定装置)も、透明に

保定装置

矯正後の安定期間に

矯正治療が終了した後、後戻りを防ぎ、安定させる為の期間を保定と言います。
どのようなタイプの矯正でも、矯正治療終了後は、この様な保定装置をつける期間が必要となっています。
歯や骨の質など、個人差もありますが、保定が必要なのは、通常1~2年です。

ごく稀に、カレーなどの色素の強い食物をお召し上がりの際に、着色するおそれがあります。
その場合には、歯科医院で、メインテナンスを行います。
症例によっては、一部、金属の使用が必要な場合もあります。
矯正は、歯やお口の状態、噛み合わせ歯並び等によって、適した方法が変わってきますので、どうぞお気軽に、歯科医師までご相談下さい。

優良矯正歯科口コミ評判ランキング

上記記事は、
銀座池渕歯科
東京都中央区銀座5-8-16銀座ナカヤビル3F
TEL:03-5537-0335
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://ginza-dental.jp/


スポンサード リンク

ホーム>透明な矯正について

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional