【掲載方法】

過蓋咬合の解説

ホーム>過蓋咬合

スポンサード リンク

過蓋咬合

過蓋咬合

奥歯を閉じると、前歯が深く咬み込み下の前歯がほとんど見えなくなるくらい閉じすぎになる症状です。蓋(ふた)が過ぎる と書いて(かがい咬合)と言います。

下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎に咬んでいることもあります。このような場合、年齢が進むにつれて下の前歯が歯茎に当たって歯茎が傷つき、その場所の骨が吸収してしまうこともあります。また、下顎が奥に押し込まれることから、顎関節に悪影響を及ぼすこともあります。

なるべく成長の残っている時期に改善することが望ましい不正咬合です。若くて抵抗力のあるうちは自覚症状がほとんどありませんが、時間の経過とともに、ますます噛み合わせが深くなっていく傾向があり早期発見・早期治療が望まれます。


スポンサード リンク

ホーム>過蓋咬合

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional