【掲載方法】

過蓋咬合症例の解説

ホーム>過蓋咬合症例

スポンサード リンク

過蓋咬合症例

過蓋咬合(かがい咬合)の治療例

噛み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えません。

噛み合わせが著しく深い状態を過蓋咬合(かがい咬合)といいます。
正常な噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っていますが、過蓋咬合噛み合わせでは、これよりも著しく深く覆う噛みあわせになっています。

画像の説明

画像の説明

過蓋咬合の治療法

舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作られています

画像の説明

歯の裏側から矯正する過蓋咬合の場合、歯の裏側に装着した装置が、
下の前歯にぶつかって矯正治療できないのでは?とご質問を受けますが 舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作ら れています 。

過蓋咬合の中には、下の歯が全く見えないくらいに噛み合わせの深い症例があります。
舌側矯正ではこのような、前歯の噛み合わせが深い症例においては、 装置の機能として この深い咬み合わせの改善が非常に効果的に出来るため、 外側の矯正に比べて短期間で、良好な出っ歯の矯正が可能です。





過蓋咬合の治療例

1.過蓋咬合 + 上顎前突(出っ歯)

 舌側矯正で治療しました。

画像の説明

過蓋咬合の治療例

1.過蓋咬合 + 上顎前突(出っ歯)

 舌側矯正で治療しました。

画像の説明





上記記事は、
青山審美会歯科矯正クリニック
東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1
TEL:03-3409-3849
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>過蓋咬合症例

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional