【掲載方法】

開咬(オープンバイト)症例の解説

ホーム>開咬(オープンバイト)症例

スポンサード リンク

開咬(オープンバイト)症例

前歯が閉じないオープンバイト (開咬・かいこう) 

奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わずに開いているものを開咬(かいこう)といいます。

小さい頃、いつまでも指しゃぶりをしていたり、舌を出す癖など、遺伝的な顎の形態からなります。
開咬は、前歯で食べ物を咬み切ることができないばかりでなく、(例:トウモロシコ、スパゲティーなどが前歯で噛めない) 正しい発音もできません。

画像の説明

開咬(オープンバイト)の治療法

開咬は、噛んだときに奥歯は当たっていても、前歯が噛み合わない状態です。
食べ物を噛み切るにも不自由で、話すときにも息がもれて、発音がうまくゆきません。

治療法は、通常、奥歯(小臼歯)を抜いて治療する方法がとられます。
オープンバイトは、骨格的に問題があり、下あごの成長方向が、悪い人がなりやすい傾向があります。
また舌へき(舌を突き出して飲み込むくせ)なども原因のひとつと考えられています。
これに対しては、いわゆる筋機能療法を用いることがあります。
さらに、成長期に鼻やのどの病気、とくに、アデノイドや鼻炎、扁桃腺肥大、蓄のう症などで、 口呼吸を長くつづけていることによって、オープンバイトになりやすくなります。

画像の説明

開咬(オープンバイト)の治療例

1.矯正後のスマイルライン・横顔のEラインの変化

画像の説明

画像の説明

2.開咬+出っ歯(上顎前突)

開咬+出っ歯でお悩みだった患者様の治療例です。舌側矯正で治療しました。

画像の説明

3.開咬+叢生

開咬+叢生でお悩みだった患者様の治療例です。舌側矯正で治療しました。

画像の説明





上記記事は、
青山審美会歯科矯正クリニック
東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1
TEL:03-3409-3849
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>開咬(オープンバイト)症例

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional