【掲載方法】

O-リングの解説

ホーム>O-リング

スポンサード リンク

O-リング

O-リング

バイデジタル・オーリングテスト(Bi-Digital O-Ring Test; 以下バイデジタル・オーリングテストと表記します)は、ニューヨーク心臓病研究所所長の大村恵昭博士が考案した方法で、生体そのものをセンサーとして、生体内の情報を指の筋力変化から検出する方法です。「生体そのものが極めて敏感なセンサーであり、毒物を近づけたり、体に合わない薬剤を手に持たせたりすると、筋肉の緊張は低下し、逆に有効な薬剤では緊張が良好に保たれる」という原理に基づいています。また、「身体の異常のある部分に触れたり、刺激を加えることによっても同様に筋力が低下する。」ということもバイデジタル・オーリングテストの特徴です。


スポンサード リンク

ホーム>O-リング

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional