【掲載方法】

STb舌側矯正の解説

ホーム>STb舌側矯正

スポンサード リンク

STb舌側矯正

STb舌側矯正について

STbライトリンガルシステムは、ブラケットのサイズが従来のブラケットよりも薄くて小さい舌側矯正(裏側矯正)用のブラケットです。
舌側矯正は歯の裏側につける矯正歯科治療なので、歯列矯正をしていることが気づかれないのがメリットでしたが、その反面慣れるまで発音しにくいというデメリットがありました。
装置が見えず発音しづらさもないので、接客業など人前に出て話すことの多い方にお勧めの矯正歯科治療です。

STb舌側矯正  STb舌側矯正2

Stbブラケット上顎        装置拡大写真

STb舌側矯正の特徴

メリット

  • 装置が見えない
    舌側矯正の最大のメリットは、装置が見えないことです。歯の裏側に矯正装置ブラケット)を装着するので、他の人に矯正歯科治療をしていることが気づかれません。
    接客業や芸能関係の方に人気の装置です。
  • 装置の違和感が少ない
    舌側矯正の違和感を大幅に改善するため、大きさを従来の装置の約半分にしています。さらに、ブラケットの構造を丸みを帯びたデザインにしているので、話しにくさや食事しにくさが軽減されました。

STb舌側矯正3  STb舌側矯正4

Tbリンガルブラケット      通常のリンガルブラケット

  • 治療期間が短い
    ブラケットが小さいので、装置と装置の間の距離が広くなりました。そのため、ワイヤーの弾性を効果的に利用することが可能です。つまり、STbライトリンガルシステムは、弱い矯正力で効率よく歯を移動することができるのです。
  • 虫歯になりにくい
    矯正歯科をこれから始める方から受ける質問に「裏側矯正の方が虫歯になりやすいですか?」というのがたくさんあります。
    実は表側矯正より舌側矯正(裏側矯正)の方が虫歯になりにくいのです。歯の裏側は、絶えず唾液で湿っています。唾液には、虫歯の原因となる細菌が作り出す酸を中性にする働きがあり(唾液の緩衝作用)、従って虫歯になりにくいのです。
  • 歯磨きしやすい
    装置が薄くて丸みを帯びているので、従来の装置より歯磨きしやすくなりました。

デメリット

  • チェアタイム(一回の治療時間)が表側矯正より若干長い



上記記事は、
青山外苑矯正歯科
東京都港区南青山2-26-37 NXB青山8F 
TEL:03-3404-0418
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama-kyosei.jp/


スポンサード リンク

ホーム>STb舌側矯正

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional