矯正歯科神奈川県版|口コミ評判アクセスランキング【Dr.NAVI】

スポンサード リンク

悪い歯並びの種類

悪い歯並び(歯列不正)の種類

歯列矯正で、歯列不正とされる悪い歯並びのは、上顎前突、下顎前突、叢生、空隙歯列、開咬、過蓋咬合、交叉咬合に大きく分類されます。

上顎前突…出っ歯

上の歯が下の歯に比べて大きく前に出ている状態。
上顎全体が前に出ている場合と、下顎全体が後退している場合と、歯だけが前に出ている場合があります。
唇が閉じづらく、口呼吸になりやすくなります。

下顎前突…受け口・反対咬合

下の歯が上の歯よりも前に出ていて、正常な咬合と逆になっている状態。
下顎全体が前に出ている場合と、歯だけが前に出ている場合があります。
下顎が大幅に大き場合は歯列矯正と外科手術の併用が必要となることがあります。

叢生(そうせい)…バラバラの歯並び

歯がバラバラに重なり合って生えている状態を叢生といいます。
顎の成長が小さく、歯が正常に歯列するスペースがないことが主な原因。
中でも成長の遅い犬歯が押し出されていることが多くみられます。

空隙歯列…すきっ歯

隣接する歯と歯の間に隙間がある状態。
歯が小さい場合、歯の本数が不足している場合、顎の成長が大きい場合などが主な原因です。

開咬…前歯が咬み合わない

奥歯で咬んでも上下の前歯が開いたままでかみ合わない状態。
前歯が全く噛んでいないため、前歯で噛み切ることができず、息がもれて発音がしづらくなります。

過蓋咬合…前歯の深い噛み合わせ

上の前歯が下の前歯に大きく被さっていて、上の前歯で下の前歯が見えない状態。
下の前歯が上顎の歯茎に当たって傷つけたり、上の前歯を押し出したりすることがあります。

交叉咬合…奥歯のズレ

奥歯をかみ合わせると、通常は左右の上の歯が下の歯よりもやや外側にずれて噛み合いますが、これが逆になっていたり、左右のどちらかにずれている状態。
片方でばかり噛む癖や頬杖などが主な原因です。


スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional