【掲載方法】

コルチコトミー(外科手術)の解説

ホーム>コルチコトミー(外科手術)

スポンサード リンク

コルチコトミー(外科手術)

成人矯正の治療を短縮する治療 「コルチトミー」

コルチコトミーは骨にスジを入れる外科手術で早く歯を動かし治療期間を短縮します。

コルチコトミーとは?

一般的に成人矯正では上下顎の矯正治療を行った場合、歯を動かす期間は通常2年はかかります。しかし、 歯列矯正コルチコトミーを併用すれば、歯列矯正の治療期間を最短12ヶ月は短縮することが可能です。
コルチコトミーは巷では、「スピード矯正」とも呼ばれているようです。 

画像の説明

コルチトミーとは、簡単にいうと骨にスジを入れて早く歯を動かす矯正方法です。
ブラケットを装着する前に歯茎の手術を施し、歯茎の骨の代謝を促進して歯の動くスピード を早くします。
外科手術が加わりますが安全な方法です。(矯正歯科治療と併用して行う治療です。)歯肉をはがして手術する歯周病歯槽膿漏)の手術と 同じで、危険性(リスク)はありません。
入院する必要もなく2時間ほどで終わります。

但し、症例によっては全く必要のない場合もありますので、専門医の診断を受けて下さい。

コルチコトミーの治療例

1.出っ歯(上顎前突) 舌側矯正+コルチトミー

コルチトミー舌側矯正を併用することで、約7か月で出っ歯が矯正されました。

画像の説明

2.出っ歯(上顎前突) 舌側矯正+コルチトミー

画像の説明

画像の説明

コルチコトミーと矯正治療の流れ

画像の説明

コルチトミー 手術の手順

1. 局部麻酔をしたあとに、歯茎に切開線を入れる。

2. 歯肉を剥離し、歯槽骨を露出させる。完全に歯槽骨を露出させたら、タービンで歯槽骨にミゾを入れます。

3. 歯肉を元に戻して縫合します。感染を防ぐためにパッキング剤で固定。

4. 感染予防のクスリが処方されます。 手術後口元が腫れる場合もありますが、通常2日~3日で直ります。

抜糸は1週間後です。 コルチコトミー後、通常の治療と同じようにブラケットを装着し歯を動かしていきます。






上記記事は、
青山審美会歯科矯正クリニック
東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1
TEL:03-3409-3849
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.aoyama.or.jp/


スポンサード リンク

ホーム>コルチコトミー(外科手術)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional