【掲載方法】

歯を白くしたい場合のホームケアの解説

ホーム>歯を白くしたい場合のホームケア

スポンサード リンク

歯を白くしたい場合のホームケア

歯を白くしたい場合のホームケア

画像

白い歯のためには、毎日の歯磨きで着色汚れ(ステイン)を歯に付着させない事が大切です。

タバコを吸う方、コーヒーや赤ワインを良く飲む方は、ステインが付着しやすいので、ご注意下さい。歯を白くするためには、ホワイトニング効果の高い歯磨剤の使用や、ホームホワイトニングの活用が効果的です。


歯の美白と、毎日のブラッシングの関係

歯が黄ばんだり、着色してしまうのは、歯に付着する着色汚れ(=ステイン)が原因です。

歯科医院でホワイトニングを行い白くなった歯でも、食べ物や飲み物の摂取によって、ステインが再付着することで、色がくすんできてしまいます。

ホワイトニング後戻りを防ぐためにも、本来の白くきれいな歯を取り戻すためにも、毎日の歯磨きが大切です。
ホームケアで歯を白くしたい場合には、喫煙をした際や、着色しやすいコーヒーや赤ワイン等を飲食した後すぐに、歯磨きを行うと効果的です。

また、歯と歯の間や、歯と歯のすき間なども、ステインが溜まりやすい部分です。ステインと同時に、プラーク(歯垢)が溜まりやすい部分でもありますので、丁寧に汚れを取り除くことをおすすめ致します。

ホワイトニング向けの歯磨剤

歯磨剤

白い歯に対する意識が高まりを受けて、ホワイトニング効果をうたった歯磨剤が増加しています。

ドラッグストアで一般向けに販売されているものもあれば、歯科医院などで専門的に扱われている歯磨剤もありますので、いろいろ試して、ご自分に合った歯磨剤を選択されると良いでしょう。

歯を白くしたいとご希望の場合には、ホワイトニング効果のある歯磨剤をご使用になると良いと思いますが、歯周病や虫歯など、優先して治したほうがよい症状をお持ちの場合には、そちらの効果を優先した歯磨剤のご使用を、おすすめ致します。

自宅での本格的なホワイトニング

こまめに丁寧にケアしても、ホワイトニング用の歯磨剤と自宅でのブラッシングの効果だけでは、ご希望の白さが得られない場合があります。

歯磨剤によるホワイトニングは、ステインを落とす効果で得られるものなので、もともとの歯の色や質によって、白さの限界があるからです。

歯磨剤だけでご希望の白さにできない場合には、自宅で行える本格的な歯の美白法「ホームホワイトニング」で、白くきれいな歯にすることができます。マウスピースのようなトレーに、ホワイトニングの薬剤を入れて、歯にかぶせて白くする方法です。

はじめに、自分の歯の形に合った専用のトレーを、歯科医院へ作成に行く必要がありますが、その後は、自宅で本格的なホワイトニングを行うことができます。

ホームホワイトニングは、家庭使用のため、歯科医院で行うホワイトニングよりも、穏やかな薬剤が使用されています。そのため、白さを実感できるまでに2週間から1ヶ月程度、時間がかかりますが、歯の内側から、じっくりと白くすることができるため、効果の持続が長いと言われています。

また、歯科医院でホワイトニングを行った後の、自宅でのケア用に、ホームホワイトニングを活用されている方も、いらっしゃいます。

歯の表面に頑固に付着したステインは、なかなかご家庭では、きれいに除去しきれません。毎日のケアで、汚れの付着度合いには、かなりの差がつきますが、それでも、ご家庭でのケアには、限界があります。

ホームケアでどうしても取り除けないステインや、ヤニによる着色がある場合には、歯科医院での専門的なケアで、白くきれいにすることをおすすめ致します。

歯の内側からの美白と、歯の表面からの美白、両方を上手に併用することで、輝く白い歯を実現できます。
自宅でのケアと、歯科医院でのケアを上手に併用して、健康で美しいきれいな歯を実現して下さい。

上記記事は、
銀座池渕歯科

優良矯正歯科口コミ評判ランキング

東京都中央区銀座5-8-16銀座ナカヤビル3F
TEL:03-5537-0335
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://ginza-dental.jp/


スポンサード リンク

ホーム>歯を白くしたい場合のホームケア

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional