【掲載方法】

矯正歯科の治療方法などについての解説

ホーム>矯正歯科の治療方法などについて

スポンサード リンク

矯正歯科の治療方法などについて

矯正歯科の治療方法などについて

上顎のみ、下顎のみの治療はできますか?

可能な場合もあります。
奥歯のかみ合わせをあまり変化させる必要がない状態で歯と歯の間のスペースの閉鎖や軽度の歯のデコボコ等の治療では、行う事があります。

しかし、歯列矯正の治療では単に見た目だけではなく、上下のかみ合わせを重要視して考えますので、片方のみ治療を行う事でかみ合わせのバランスが逆に悪くなったり、又、治療をした状態が維持できないような場合には、片方のみの治療を行う事が出来ない事があります。

お口の中の状態は、患者様により様々ですから、一度、お口の中を拝見させていただくのが一番だと思います。一度、お気軽に御相談ください。

前歯の2本だけがでているのですがそこだけ治療できますか?

部分的に治療を行う事も場合によっては可能です。
しかし、気になっているのは、前歯の2本だけかもしれませんが、前歯が出てしまっている原因があるはずです。その原因を除去せず対処療法的にその部分を治療しても、後で戻ってしまう事があります。

かみ合わせ歯並びは、上下のかむ位置が決まっているので、そこからズレている場合には、安定がしづらいと言われています。本当に前歯2本だけの問題なのか、それとも全体的な問題なのかは拝見させていただく必要がありますが、拝見させていただければ初診の段階でも判断できると思いますので、お気軽に御相談下さい。

わざと八重歯を作ることは出来ますか?

一般的には行いません。
矯正治療の目的は単に見た目だけの改善ではなく、よりかめるように、又、発音に問題のある場合には、その改善や口腔衛生環境の向上(虫歯や歯周病のリクスの軽減)等の機能の改善になります。

歯列矯正は、治療としての明確なゴールがあります。患者様の主観による美しさがゴールにはならない事があります。治療の最終段階では患者様の好みや御要望を出来る限り反映させた形で終りたいと考えておりますが、治療がおかしくなってしまう御要望にはお答えする事の出来ない事があります。
(もちろん、その理由は御説明させていただいております)

成人でも拡大する装置だけで歯並びは治りますか?

拡大装置は、その患者様の歯列の横幅がバランス的に狭い場合に用いる事があります。 拡大装置で歯列を広げる事により、デコボコしている歯を並べるスペースが出来たり、出ている前歯を引っ込める事は出来ますが、広げるだけで十分なのかは個人差があります。

また、バランスを無視して過剰に広げる事も出来ません。
広げる事で十分に並べる事が出来るケースでも、何らかの矯正装置で一本一本の歯をコントロールする必要はあります。
状態は個人差がありますので一度お気軽にご相談下さい。

なるべくレントゲンは撮りたくないのですが、身体への害は大丈夫ですか?

当院ではデジタルレントゲンを導入しております。
デジタルレントゲンとは従来のレントゲン撮影法と比べて、人体の受ける放射線被爆量を1/10に軽減した新しいレントゲン撮影法です。
従来のフィルムを使用したレントゲン撮影ではそのフィルムを現像するための現像液等の医療廃棄物が出ていましたが、デジタルでは、画像がコンピューターシステムによって瞬時にモニターに映像化されるため、現像作業の手間がなく廃棄物も出ないため、環境にも優しいレントゲンです。

歯並び自体はそんなに悪くないと思うのですが、外科手術のみで矯正治療をすることは可能ですか?

原則として外科矯正が適応と診断された場合の治療の流れとして

術前矯正 外科手術の前に矯正装置を装着し、手術後のかみ合わせを想定した矯正治療を行います。

外科手術

術後矯正 さらにかみ合わせを緊密にするために微調整を行います。

保定治療 矯正装置をはずして保定装置そ装着します。

上記のように、術前矯正において、手術後にある程度、しっかりかめる状態になってから外科手術を行います。例外として、術前矯正を行わなくても手術後のかみ合わせが再現できていれば、可能な場合もあります。

手術を併用する場合でも裏側から治療は可能ですか?

可能ですが矯正治療自体には保険が適用されないのと(外科手術には適用されます)手術の直前と直後数ヶ月は表側に装置の装着が必要となります。

歯を抜かないで少しだけ歯を削って矯正するという話を聞いたことがあります。歯にダメージはないのですか?

歯の一番外側はエナメル質という硬い組織で覆われています。そのエナメル質の部分をわずか0.25mm(両端で0.5mm)削る程度です。この量であれば削ることによって歯がしみる、虫歯になりやすい等のご心配はありません。(歯の質によっては行えないこともあります)

出来るだけ歯を抜きたくないのですが、歯を抜かずに矯正は出来ますか?

現在の歯の状態、歯周組織歯並び、骨格がどのような状態であるのかを分析、明確にし、これをふまえた上で治療方針を決定いたします。診断結果によっては、歯を抜いたほうがよいという診断結果が出る場合もあります。その場合、患者様のご希望をお伺いして、出来る限りご希望に添えるように、一緒に考え最終治療方針を決定いたします。

前のページに戻る




上記記事は、
KAZ矯正歯科
東京都千代田区神田神保町2-9 神田神保町メディカルモール 2F
TEL:0120-418-704
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.kyousei-shika.org/


スポンサード リンク

ホーム>矯正歯科の治療方法などについて

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional